長門湯本温泉 公式観光サイト

長門湯本NEWS:おとずれリバーフェスタ2021開催レポート⑤「くつろぎ編」

2021年7月17日18日に長門湯本温泉で開催された「おとずれリバーフェスタ2021」の模様を詳しくお伝えします。
hp riverfesta report 5 80

7月17日18日の二日間、長門湯本温泉にて開催され、多くの人で賑わった「おとずれリバーフェスタ2021」。レポート最終回となる今回は、まちの至る所にしつらえられた「オソト天国・長門湯本温泉」ならではの、くつろぎスペースの様子をお伝えします。

恩湯広場

Previous
Next

国道沿いに新設された温泉街の駐車場から、風にそよぐ竹林の階段を降れば、右手に広がるのは青々とした芝生広場。イベントの当日はリバーフェスタのモニュメントや卓球台が設置され、たくさんの人が集い、楽しんでいました。

遊歩道と飛び石

Previous
Next

川沿いの左右に伸びる遊歩道は、子どもたちの絶好の冒険場所。ワクワクを抑えきれずに、飛び石を飛んだり、川に飛び込んだりの大はしゃぎです。

川遊び

Previous
Next

子どもたちを惹きつけて止まないのは、キラキラとひかる音信川の水辺。子どもたちに混じって、いつの間にか大人も真剣に遊んでいます。

恩湯の縁側

Previous
Next

温泉街のシンボル 立ち寄り湯「恩湯」の縁側では、たくさんの家族連れが人気のソフトクリームに舌鼓。街の所々にはイベントのマップが掲示され、道ゆく人たちは気になるショップやスポットを確認していました。

川床テラス

Previous
Next

音信川に目をやると、中国地方で唯一とされる川床テラスが目を引きます。真っ白いパラソルで日差しを避けながら、みなさん、ここでしか味わえない過ごし方に満足のご様子。新しく追加された星野リゾート 界 長門の川床テラスでも、多くの来場者がくつろいでいました。

川沿いベンチと足湯

Previous
Next


長門湯本温泉の大きな魅力の一つは、川沿いで楽しんでもらうこと。川沿いには川床テラスだけでなく、誰もくつろげるベンチや休憩スペースが散りばめられています。

以上、5回に分けて詳細にお伝えした「おとずれリバーフェスタ2021」の模様。イベントは終了してしまいましたが、こだわりのローカルショップや、遊び心満載の川沿いのアクティビティ、のんびり過ごせる川床テラスや川沿いのベンチなど、長門湯本温泉の「オソト天国」は、魅力たっぷりで皆さんのお越しをお待ちしています。