長門湯本温泉 公式観光サイト

ジャンル:お知らせ: 地方創生大賞

地方創生大賞

山口県知事に地方創生大賞をご報告!

長門湯本温泉の元湯である恩湯には、室町時代に遡る「神授の湯」伝説が今も息づいています 2021年3月29日、「2020年度 ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」の地方創生賞の表彰式がオンラインで行われ、長門湯本温泉の観光まちづくりプロジェクトが地方創生大賞(地方創生担当大臣賞)を受賞致しました。 2月16日の地方創生賞の受賞に引き続き、応募総数208件に及ぶ多数の魅力的なプロジェクトの中から、長門湯本温泉での取組が筆頭の「地方創生大賞」に選ばれたことを大変嬉しく思うとともに、数年間に及ぶ観光まちづくりを共に進めていただいた地域・行政・専門家のみなさまに、心よりお礼を申し上げます。 今後はこの受賞を励みとして、魅力的な観光まちづくりをより一層進めていく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。 長門湯本温泉まち株式会社 長門湯本温泉「恩湯」は、約600年前、大寧寺の定庵禅師が住吉大明神からのお告げによって発見した“神授の湯”と伝えられる山口県で最も古い歴史を持つ温泉。当時、大寧寺の寺領であったこの場所に沸き上がったとされる温泉は、現在もなお中心部の泉源を大寧寺が所有し、伝説を裏付けるかのように高台には住吉神社が鎮座し、温泉街を見守っています。 長門湯本温泉「恩湯」は、約600年前、大寧寺の定庵禅師が住吉大明神からのお告げによって発見した“神授の湯”と伝えられる山口県で最も古い歴史を持つ温泉。当時、大寧寺の寺領であったこの場所に沸き上がったとされる温泉は、現在もなお中心部の泉源を大寧寺が所有し、伝説を裏付けるかのように高台には住吉神社が鎮座し、温泉街を見守っています。 長門湯本温泉「恩湯」は、約600年前、大寧寺の定庵禅師が住吉大明神からのお告げによって発見した“神授の湯”と伝えられる山口県で最も古い歴史を持つ温泉。当時、大寧寺の寺領であったこの場所に沸き上がったとされる温泉は、現在もなお中心部の泉源を大寧寺が所有し、伝説を裏付けるかのように高台には住吉神社が鎮座し、温泉街を見守っています。

210329taisho

長門湯本温泉が「地方創生大賞」を受賞!

長門湯本温泉の元湯である恩湯には、室町時代に遡る「神授の湯」伝説が今も息づいています 2021年3月29日、「2020年度 ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」の地方創生賞の表彰式がオンラインで行われ、長門湯本温泉の観光まちづくりプロジェクトが地方創生大賞(地方創生担当大臣賞)を受賞致しました。 2月16日の地方創生賞の受賞に引き続き、応募総数208件に及ぶ多数の魅力的なプロジェクトの中から、長門湯本温泉での取組が筆頭の「地方創生大賞」に選ばれたことを大変嬉しく思うとともに、数年間に及ぶ観光まちづくりを共に進めていただいた地域・行政・専門家のみなさまに、心よりお礼を申し上げます。 今後はこの受賞を励みとして、魅力的な観光まちづくりをより一層進めていく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。 長門湯本温泉まち株式会社 ※地方創生大賞(地方創生担当大臣賞)受賞にあたってのプレスリリースはこちらからご確認ください。 ※ふるさと名品オブ・ザ・イヤー2020 の各入賞名品については、下記公式HPをご確認ください。 https://furusatomeihin.jp/2020/sousei.php オンライン表彰式 長門湯本温泉「恩湯」は、約600年前、大寧寺の定庵禅師が住吉大明神からのお告げによって発見した“神授の湯”と伝えられる山口県で最も古い歴史を持つ温泉。当時、大寧寺の寺領であったこの場所に沸き上がったとされる温泉は、現在もなお中心部の泉源を大寧寺が所有し、伝説を裏付けるかのように高台には住吉神社が鎮座し、温泉街を見守っています。 増田 寬也氏(日本郵政株式会社 取締役兼代表執行役社長) 大西 洋氏(羽田未来総合研究所) 和田 明日香氏(食育インストラクター) 古田 秘馬氏(「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」実行委員長」) 審査委員として、増田 寬也氏(日本郵政株式会社 取締役兼代表執行役社長)、大西 洋氏(羽田未来総合研究所)、和田 明日香氏(食育インストラクター)、古田 秘馬氏(「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」実行委員長」)もオンラインで出席され、特別賞を含む合計12の名品について、選出理由や将来への期待を述べられました。 特別賞の発表や地方創生賞 受賞名品の紹介に続き、いよいよ「地方創生大賞」の発表。モノ部門に選ばれた「醤油じかん 手作り醤油キット(兵庫県養父市)」様に続き、地方創生大賞(コト部門)に選ばれたのは、長門湯本温泉のまちづくりプロジェクト!!思いがけない大賞の受賞に、思わず笑顔がこぼれます。 オンライン会場では、長門湯本の観光まちづくりを1分間にまとめたPR動画も紹介され、湯本温泉旅館組合の伊藤就一理事長、湯本まちづくり協議会の荒川武美会長、長門湯守株式会社の大谷和弘共同代表、長門湯本温泉まち株式会社の木村隼斗エリアマネージャーが、それぞれの思いやまちづくりについて語っていました。(ムービーはこちらのYOUTUBEにて公開中です) 最後に、坂本哲志 地方創生担当大臣からのビデオメッセージにて、積極的に地方創生の課題に取り組む全ての受賞にあたたかな激励の言葉がかけられ、表彰式は無事に終了しました。 2016年以降、長門湯本温泉が、長門市及び山口県、湯本まちづくり協議会はじめ地域の方々、旅館関係者をはじめとする地元事業者と一体となって進めてきた取組が、栄誉ある賞を受賞することができたことについて、大変嬉しく思います。本当にありがとうございました!