長門湯本温泉 公式観光サイト

長門湯本NEWS/土木学会デザイン賞2021 「最優秀賞」を受賞

長門湯本温泉が土木学会デザイン賞2021「 最優秀賞」を受賞!
211203doboku design 1 80

2021年12月3日 公益社団法人土木学会 景観・デザイン委員会が主催する土木学会デザイン賞2021の選考結果が発表され、長門湯本温泉街〜長門湯本温泉観光まちづくりプロジェクトが「最優秀賞」を受賞いたしました。

「長門湯本温泉街〜長門湯本温泉観光まちづくりプロジェクト」最優秀賞 詳細HP
http://design-prize.sakura.ne.jp/archives/result/1666

受賞にあたり、長門市及び山口県、湯本まちづくり協議会をはじめとする地域の皆様、全国から集まってくれた専門家の皆様、旅館関係者をはじめとする地元事業者の皆様のご尽力に、深く感謝を申し上げます。

受賞された11作品を見ると、「高田松原津波復興祈念公園 国営追悼・祈念施設」(岩手県・陸前高田市)や「九段坂公園」(東京都千代田区)など、いずれもスケールの大きな素晴らしい事業ばかり。その中にあって、山陰の小さな温泉街での行政・地域・専門家が一丸となっての取り組みが高く評価されたことを大変喜ばしく感じると共に、これからの未来のために一層より良い観光まちづくりを目指していく所存です。

日本土木学会デザイン賞ホームページ
http://design-prize.sakura.ne.jp/

日本土木学会デザイン賞プレスプレスリリースはこちら
http://design-prize.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2021/12/PressRelease2021.pdf

2022年1月22日には、オンライン(参加無料)にて授賞式とプレゼンテーションも開催される予定ですので、ご興味のある方はぜひ事前登録をおすすめいたします。

日本土木学会デザイン賞とは(日本土木学会デザイン賞 HPより引用)

土木学会デザイン賞は公益社団法人土木学会景観・デザイン委員会が主催する顕彰制度です。2001年に創設され、正式名称は「土木学会景観・デザイン委員会デザイン賞」といいます。公募対象を広く土木構造物や公共的な空間に求め、計画や設計技術、制度の活用、組織活動の創意工夫によって周辺環境や地域と一体となった景観の創造や保全を実現した作品およびそれらの実現に貢献した関係者や関係組織の顕彰を行っています。