長門湯本温泉 公式観光サイト

長門豊川稲荷

昭和36年に愛知県妙巖寺の豊川稲荷のご分霊を勧請して創建された大寧寺境内にまつられている稲荷。
toyokawainari img6

大寧寺境内にまつられているこの稲荷は、昭和36年(1961年)に愛知県妙巖寺の豊川稲荷のご分霊を勧請して創建されました。御神体は「叱枳尼眞天(だきにしんてん)」といって、仏法の興隆護持、国土の災禍を除き、民衆の福徳成就させる大誓願をもつ御神体で、白いキツネに乗って空を走り仏法を守るといわれています。

幕末の文久3年(1863年)、朝廷との対立から七人の公卿が都を追われ、長州に逃れてきました。
その中の一人、三条実美を手厚く保護したのが、大寧寺四十五世・簣運泰成(きうんたいじょう)和尚でした。明治維新後、長州藩では兵制改革のことで反乱事件が起こり、反乱鎮圧の後、首謀者らの大量処分があった際に、助命運動に尽力した簣運和尚は、藩の反発にあい妙巖寺に身を寄せました。

その頃、国の神仏分離政策による妙巖寺豊川稲荷つぶしが起こり、簣運和尚は妙巖寺の住職等とともに政府に救済を求めました。新政府の要人の中には三条卿や多くの長州人がおり、豊川稲荷はこの危機を救われました。このような縁があり、長門豊川稲荷を大寧寺に迎えることができたのです。

春には桜、秋には紅葉が美しい豊川稲荷の境内。新年の初詣には毎年多くの参拝客で賑わっています。

基本情報

住所

山口県長門市深川湯本1074

TEL

0837-25-3469

アクセス

・JR美祢線「長門湯本駅」から徒歩約15分
・「大寧寺」バス停から徒歩約3分
・中国自動車道「美祢IC」より車で約30分

駐車場

あり

HP・SNS

HP

マップ