長門湯本温泉 公式観光サイト

お地蔵様の小道(大寧寺旧参道)

長門湯本温泉街から大寧寺へ向かう旧参道。多くのお地蔵様がある静かな山辺の道です。
kyusando img2 2

地蔵の小径は、長門湯本温泉の歴史と深く関わりを持つ大寧寺と温泉街をつなぐ小径です。古来多くの人々が往来する賑やかな参道でした。道の脇には多くの石像が並んでいて、その昔、大寧寺から興阿寺まで一丁(109.09m)おきに向かい合わせに並んでいたと伝えられています。

おとずれ通りの下流側、とらや商店の横の小道からが旧参道の始まりです。トンネル横の踏切を抜けると、三ツ辻とよばれる道しるべが今も残っています。

玉仙閣の施設を横切る形で道は続きます。山道に入るにつれて、ポツポツと可愛らしいお地蔵様が両脇に並んでいます。

かつては、大寧寺から興阿寺まで並んでいたとされるお地蔵様の多くは、現在は大寧寺の境内に移されています。

基本情報

住所

山口県長門市深川湯本

アクセス

・JR美祢線「長門湯本駅」から徒歩約15分
・「長門湯本温泉駐車場」バス停から徒歩約5分
・中国自動車道「美祢IC」より車で約30分

駐車場

長門湯本温泉駐車場(国道316号線沿い)

マップ