お電話でのご予約・お問い合わせは0837-25-3611

恋伝説の云われ

恋伝説の云われ

恋伝説の云われ


山間の静かな温泉街をぬって流れる清流、音信川(おとずれ)
この清流には、ちょっとせつなくて、でもほっと温かな心にしみわたる美しいものがたり「音信川恋伝説」が残されています。
明和5年(1768年)藩主おかかえとしておかれたお茶屋「清音亭」。そこで働く湯女(ゆな)が口には出せぬ秘めた思いを文にしたため流した「音信(おとずれ)」。その伝説が川の名の由来となっております。


このページの上へ