お電話でのご予約・お問い合わせは0837-25-3611

湯治の日に湯本温泉ご宿泊のみなさまに「長門ゆずきち小町」をお配りいたします(o^∇^o)ノ & 長門湯本温泉の足湯2か所に「ゆず湯」が開設されました(o^∇^o)ノ

湯治の日に湯本温泉ご宿泊のみなさまに「長門ゆずきち小町」をお配りいたします(o^∇^o)ノ & 長門湯本温泉の足湯2か所に「ゆず湯」が開設されました(o^∇^o)ノ


 

冬至に併せ、12月19日(金)午前10時~12月22日(月)の間、「長門ゆずきちの湯」が、
「音信川河川公園足湯」「おとずれ足湯」2か所で楽しみいただけます

 

足湯でゆず湯です!

 

足湯の効能は、血液(特に下半身)循環改善(リンパ腺の流れが正常化)
肝機能の働きをよくする、等々、有名ですが・・
なにより、全身入浴と同等の効能を得られる為、女性がお化粧や着衣をそのままに気軽にご利用いただけるのが、よいところなんですよね。

 

そのうえ、ゆず湯の効能は、と云うと・・
血行促進効果、風邪の予防、冷え性や神経痛、腰痛などを緩和
ゆず湯に入浴すると、体内で血管を収縮させる効果のある成分が4倍ぐらい出るとのこと!
また、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCにより、ひび・あかぎれを改善したり、
皮の芳香油が湯冷めを防いでくれるとのことです。

更に「温泉」です! トリプルで効きます!!!

・・なんでも、ゆず湯の習慣は銭湯の登場以後、江戸時代とあり、
一説に湯治(とうじ)と冬至(とうじ)との語呂合わせで、
身体息災であれば融通(ゆうずう)が利くとのこじつけであるといいます。
wなんとも洒落てますねw

 

さて、この「長門ゆずきち湯」の「ゆず」は、長門市の特産品「長門ゆずきち」です。

長門ゆずきち生産農家が作ったもので、緑色が特徴の「長門ゆずきち」「黄果」です。
名前は「長門ゆずきち小町」
緑の爽やかな「長門ゆずきち」と比べて、ほんのり甘みが出て味も抜群!!!

と、云うことで・・

是非、この「黄果」の「長門ゆずきち小町」を知って頂こうと。
湯治の日の12月22日(月)に湯本温泉のお宿経由で、湯本温泉にご宿泊のお客様みなさまにPR配布をさせていただきます。(o^∇^o)ノ

冬至の日には、湯本温泉で湯治しにゆうずう利かせましょう!
是非、湯本温泉へおいでませ~(o^∇^o)ノ





このページの上へ