お電話でのご予約・お問い合わせは0837-25-3611

救急救命講習行ってまいりました(o^∇^o)ノ

救急救命講習行ってまいりました(o^∇^o)ノ


10月17日(木)長門市消防本部「救急ステーション救命再講習」

湯本温泉の全宿泊施設及び当旅館協同組合事務所は「救急ステーション」として認定されております!  

救急ステーションとは:長門地区消防管内のホテル、旅館などの事業所等の従業員が、応急手当に関する正しい知識と技術を修得し、住民ならびにお客さまの、急病等の万が一の事態に陥った時、適切な応急手当、通報及び救急隊への協力ができるように認定するという制度です。「上級救命技能保持者1名以上」「普通救命技能保持者:全従業員の70%以上」確保された施設が認定されています。

お客様のくつろぎや、やすらぎはもちろんのこと、「安心」を第一に!
とお客様をお迎えする心構の長門湯本温泉です。

・・資格も取得したらそのままではありません。定期的に再講習。
なので、今回の取得者再講習です^^

凛々しい消防士さんにDさんはン年ぶりですね。とお声がけいただき、、少々のけぞりました←

 

AEDが普及した現在は昔の救命方法とは若干異なってきましたね。

兎に角!意識・呼吸の無いケースでは「胸骨圧迫」!!!難しいことはいりません。
ひたすら心臓から脳へと、酸素を送ることが大切。

反応の無いことの確認が済んだら、すばやく、助けを呼ぶ!救急車を呼んでもらう!AEDを持ってきてもらう!
その間、胸の真ん中、早めのテンポで胸骨圧迫(30回程度)気道確保して人口呼吸(無理ならしなくてもいいらしい・・)
繰り返しながら、AEDを待つ!救急車を待つ!

必要最小限、これだけアタマに入っていれば一般の方でも、大事な命を救える筈です。

そんなことを思いつき、お知らせにて紹介してみましたw

詳しくは、長門地区消防本部のこちらから
是非、一度ご一読ください(o^∇^o)ノ

 

・・・あ。
AEDの胸に貼り付けるパッドはひとつづつ、剥がして貼り付けるのがコツらしいですよ。両方いっぺんに剥がしたら双方がくっついちゃってなかなか剥がれず手間取るそうです←マメ知識w





このページの上へ