お電話でのご予約・お問い合わせは0837-25-3611

大寧寺にてどんど焼きが行われました(o^∇^o)ノ

大寧寺にてどんど焼きが行われました(o^∇^o)ノ


 

1月15日小正月

大寧寺では今年も年中行事である「どんど焼き」が行われました。

大寧寺方丈の大般若経で炎があがりはじめます。

 

 

無病息災を願いつつたっぷりと煙に燻され 燃やされる尊いものたち=「どんど」を見つめ、ありがたいご祈祷を頂きます。

 

 

「どんど焼き」とはお正月に使った門松やしめ縄、お守り、破魔矢などの神様のよりしろを焼き、 お正月にお迎えした歳神様をお送りする伝統的行事です。

「どんど」とは「尊いもの」という意味があり、歳神様のよりしろ(尊いもの)をどんどん焼くのでどんど焼き。
そして、この火で、餅を焼いたり体を温めたりすると厄災をまぬがれる。とも、若返る。とも、伝えられています。

 

 

どんど焼きの火で温まりながら、ふるまいのぜんざいを頂き、 無病息災と若返り、
家族の安泰を願う地域の方々で賑わった長門湯本 大寧寺の小正月でした。





このページの上へ