お電話でのご予約・お問い合わせは0837-25-3611

ぽつり、ぽつりと。灯りはじめましたよ(o^∇^o)ノ

ぽつり、ぽつりと。灯りはじめましたよ(o^∇^o)ノ


 

こちら、長門湯本温泉ではこの初夏を迎える季節の夜の音色といえば、
今も昔から変わらず、河鹿蛙(カジカガエル)の美しい鳴き声♪

河鹿蛙は清流の石の上で、きれいな声で鳴くので有名なカエルですが
地域によると、けっこうめずらしいのだと聞きました。
(ありがたいですね・・湯本温泉の自然・・)

 

河鹿カエル(参考画像)

 

ふぃふぃふぃふぃふぃぃ~ふぃーふぃ~と・・
まるで笛か鈴の音のようなやさしい音色です。

江戸時代には「河鹿籠」なるもので飼われてもいたそうです。
その美しい音色を鑑賞するためでしょうね・・

この鳴き声に負けじと大音声のカエルの合唱が被さるようになると、そろそろ・・

 

源氏ボタル(参考画像)

 

本題の(笑)
ほたるの出番です!!!

早速、毎年恒例の見回りを開始してみたところ、
まだ手の指で数えるに足りるほどではありましたが、
ほたる達のご挨拶に出遭えましたよ(o^∇^o)ノ

「音信川源流」は日本で10箇所に数えられる
「天然記念物・ゲンジボタル発生地」です。しかも100%天然です!!!

見ごろは6月上旬。

湯本温泉のお宿では例年、6月1日あたりからホタルバスが運行されます
今年も、幻想的な、源氏ボタルの乱舞の様子が楽しみです!!!

 

*ホタルバスの運行については各お宿により異なりますのでご確認ください。





このページの上へ